コンプレックスとさよなら!ほくろを治療してもう増やさない!

ほくろの治療方法

女性

ほくろは種類によって治療方法が変わります。あなたの除去したいほくろに適した治療方法を知っておくと、施術を受ける上でスムーズですよ。ここでは除去に関する情報をまとめたので参考にしてみてくださいね。

詳しく見る

アフターケアはしっかりと

看護婦

ほくろ治療を終えた後は、しっかりとアフターケアを行っていくことが大切です。そうすることで傷跡を目立たなくできますし、再発も防げます。ではどんな対策があるのかをご紹介したいと思います。

詳しく見る

ほくろが運を握っている?

看護婦

ほくろ治療したいけど、最後の踏ん切りがつかないという方は、人相学の観点でほくろを見てみましょう。人相学では、ほくろのの位置で運が左右されているという考えもありますから、当たるも八卦当たらぬも八卦で参考程度に取り入れてみてくださいね。

詳しく見る

ほくろと間違えやすい病気

医者

ほくろと思っていても実はそれは病気だった……ということもありますから、どんなほくろが病気なのか治療は必要なのかなど知っておくと安心できる知識をまとめてみました。知っておくだけでも病気の早期発見に繋がりますよ!

詳しく見る

綺麗な素肌を手に入れる

女性

ほくろができる原因

気づいたら知らないうちにまたほくろができていた……という経験はありませんか?見えない場所にできるならまだしも、顔にできたり目立つ場所にできるとあまり嬉しいものではありません。中には、ほくろは大きくなるものもありますから、気になるほくろはきちんと治療しましょう。
ほくろができやすい人とできにくい人って何が違うと思いますか?それは、遺伝や環境でほくろができやすくなるかが変わってきます。遺伝は防げませんが、環境で増えやすいほくろは避けることができますよね。ご存知の方もいるかも知れませんが、その主な原因は紫外線にあります。肌が陽にあたると茶色に日焼けしますよね。それは紫外線で体内でメラニンという物質が増えて起こるのです。それと同じで、ほくろもメラニンが原因です。メラニンが変異を起こしてほくろとなるのです。
他にもほくろを作ってしまう原因はあります。それは不規則な生活習慣です。睡眠不足やストレス状態が続くと、ほくろが増えてしまいます。それに加え、食生活の乱れていればほくろの増殖スピードが加速しますから、「自分はほくろができやすいかも」と感じたら、生活習慣を見直してみてください。
とはいえ、予防を心がけたところで、新たなほくろの発生を抑えられても今あるほくろをどうにか治療して消したいと思う方もいます。気になるほくろは美容外科クリニックで除去することができますから、ほくろを取って綺麗になりたいと願う方は一度検討されてみてはいかがでしょうか。

ほくろにも根っこがある?

ほくろにも根っこがあるという話を聞いたことはないでしょうか。実はそれは事実です。それもほくろの大きさに比例して根っこが深いと言われています。まず、根っこができるメカニズムを知るには、皮膚の構造を知らなければいけません。人間の皮膚は表皮と真皮でできています。表皮とは肌の浅い部分で、4つの層からできています。真皮とは肌の奥深い部分です。肌の表面から角質層、顆粒層と深くなるにつれ真皮に近くなっていきます。そして表皮のなかでも有棘層、基底層は真皮に近い層になっています。この層のどこにほくろができるかによって大きさも変わってきます。真皮付近でできるほくろこそ、根が深くて大きくなりやすいほくろなのです。なので、ほくろを除去したけどまた出来てしまったという方は、そのほくろが真皮に近いところでできたものだと考えられます。ですが、その根がどれくらい深いものなのかは見た目ではわかりませんし、除去してもわからないのが現状で、経過を見ていくことでだんだんわかってくることなのです。「でも、どうしても気になる!」という方は、医師に相談してみてください。ほくろ治療のスペシャリストであれば経験が豊富なので、適切なアドバイスが貰えるかと思いますよ。
大きくなったほくろは徐々に回数を分けて治療することでなくすことができますから、きちんと医師と相談して除去しましょう。1度に除去したい気持ちも理解できますが、そうすれば傷が残ることもありますので、慎重に行っていきましょう。ほくろを大きくしたくない方も早めに除去することで、防げることもあるので消したいほくろの根が深くなる前に治療しましょう。

Copyright© 2019 コンプレックスとさよなら!ほくろを治療してもう増やさない! All Rights Reserved.